自動車やバイク、自転車などの空気圧調整。

僕が整備士をやっている頃はほぼkgf/cm2(キログラムフォース) で通用しましたが今はいろいろあって判りづらい。

でも単位を見てみるとなんとなく「psi」以外はイメージでわかる。

一般人は「psi」を無視しても構わないと思う。

いろいろある空気圧の単位「psi・kpa・bar・kgf/cm2」<psiは無視しよう!>画像 グッドイヤータイヤ

スポンサーリンク

空威圧の単位

kgf/cm2(キログラムフォース) ・・・ 昔の国産自動車の標準

kpa(キロパスカル) ・・・ 最近の国産自動車の標準

bar(バール) ・・・ 輸入車に多い、ヨーロッパでよく使われる。

psi(プサイ) ・・・ 正式には「ポンド・スクエア・インチ」、日本人にはちょっとわかりづらい、アメリカでよく使われる。

単位の比較

2kgf/cm2(キログラムフォース) = 200kpa(キロパスカル) = 2.0bar(バール) = 28psi(プサイ)

 

psi(プサイ)以外はわかりやすい。

psi(プサイ)は単位が細かいのでロードバイク乗りの人たちは好んで使用するみたいです。

でもpsi(プサイ)は比較計算が面倒です!

結論「psiは無視しよう!」

シロートは「psiは忘れましょう!」、空気圧にそんな単位は無いと思えばいいんです。(笑)

kgf/cm2(キログラムフォース)、kpa(キロパスカル) 、bar(バール)なら0がいくつあるかの違いなのでだいたいわかる。

指定空気圧で「psi」だけの指定はほぼないみたいなので、「kpa」、「bar」、「kgf/cm2」の指定数字を探せばなんとかなりますよ。

いろいろある空気圧の単位「psi・kpa・bar・kgf/cm2」<psiは無視しよう!>2

Share
スポンサーリンク