先日トレランやウルトラレースをやってる人と山に行ってきました。そこで教わったのが疲れない登り方や走り方。

なかなか教わったことを実践するのは難しい、帰ってからも坂や階段でいろいろ研究してます。

あれこれ試していたら人は筋肉が無くても重力で歩けるというテレビを見たのを思い出しました。名古屋工業大学の佐野教授が歩行支援ロボットを作る番組。

その中で出てきたロボットがモーターやセンサー無しで自力で歩くんです、重力は使うんですが。

ということは人間も筋肉を使わなくて重力で歩けるはずです。

それが出来ればちょっとした下り坂は勿論、平坦路でも体の傾きを使えば延々に筋肉を使わないで歩けるはずです。この関節の動きを習得したら凄くないですか!

<《革新のイズム》 第59回:歩行支援ロボットで福祉に革新をもたらす研究者 佐野明人>

<TBS「夢の扉+」8月17日 #166「歩く原理を解明し 歩く喜びを伝えたい」>
この動画では歩行支援器具を付けて山を登ります。

<二足歩行の原理/重心移動【空手禅道会 技術解説:6 】 武道総合格闘技/How To Walk MMA KARATE>
これも奥が深い

 

Share