ジャイアント「グラビエ」(GRAVIER)カスタム③<タイヤ交換 ビックベン 27.5×2.00>

ジャイアント「グラビエ」(GRAVIER)カスタム③<タイヤ交換 ビックベン 27..5×2.00> GIANT GRAVIER

グラビエのタイヤを交換しました、選んだのはシュワルベ(SCHWALBE) BIG BEN ビッグベン 27.5×2.00。

 

ジャイアント「グラビエ」(GRAVIER)カスタム③<タイヤ交換 ビックベン 27.5×2.00>2

 

パナレーサー グラベルキングと迷ったんですが、ビッグベン 27.5×2.00は海外サイトで1本¥1421で売られていたので迷わず購入、運賃を入れても国内の1本分より安かった。

 

ジャイアント「グラビエ」(GRAVIER)カスタム③<タイヤ交換 ビックベン 27.5×2.00>4

 

約10日でオランダから届いたタイヤにはリフレクターがありませんでした。まあ、特に気にならないのでそのままジャイアント「グラビエ」(GRAVIER)装着します。

 

シュワルベ(SCHWALBE) BIG BEN ビッグベンはホライズに付けているので取りた走りのイメージはだいたい想像できます。

 

スポンサーリンク

ビッグベンを装着してみる

 

交換作業

 

折り畳み自転車の20インチに比べ、タイヤが太いのでびっくりするほど簡単。タイヤレバー不要、手だけで簡単に交換できました。

 

クリアランス

 

一番気になったのはクリアランス、ジャイアント「グラビエ」(GRAVIER)のノーマルサイズは「 27.5×1.75」。購入したシュワルベ(SCHWALBE) BIG BEN ビッグベンは「50‐584 27.5×2.00 650B」で一回り太くなります。

 

実際に装着したものがコレ、クリアランスは十分余裕がありました。

 

ジャイアント「グラビエ」(GRAVIER)カスタム③<タイヤ交換 ビックベン 27.5×2.00>5

 

ジャイアント「グラビエ」(GRAVIER)カスタム③<タイヤ交換 ビックベン 27.5×2.00>6

 

空気圧

 

購入時の「KENDA」は最低空気圧が3.5bar、最高空気圧が5.9bar。対して「BIG BEN」は最低空気圧が2.5barで最高空気圧が5.0bar。

 

ジャイアント「グラビエ」(GRAVIER)カスタム③<タイヤ交換 ビックベン 27.5×2.00>3

 

ジャイアント「グラビエ」(GRAVIER)カスタム③<タイヤ交換 ビックベン 27.5×2.00>11

 

ホライズは2.0bar~2.5barで乗っていますがへにゃへにゃ感はありません。

 

ジャイアント「グラビエ」(GRAVIER)カスタム③<タイヤ交換 ビックベン 27.5×2.00>9

 

空気圧は低めが好きなので「KENDA」は3.5barで乗ってました、そこで「BIG BEN」も3.5barで乗ってみると明らかに「BIG BEN」はゴムが薄い感覚、「KENDA」は3.5barでも固め。

 

パターンは似ていますが「BIG BEN」のほうがグリップがいい。

 

ジャイアント「グラビエ」(GRAVIER)カスタム③<タイヤ交換 ビックベン 27.5×2.00>7

 

太さも高さも一回り大きくなった感じ、グラビエのノーマル状態は意外に硬めの乗り心地なので街乗りが中心なら「BIG BEN」はおすすめです。

 

ジャイアント「グラビエ」(GRAVIER)カスタム③<タイヤ交換 ビックベン 27.5×2.00>8

 

ジャイアント「グラビエ」(GRAVIER)カスタム③<タイヤ交換 ビックベン 27.5×2.00>10

 

試運転

 

近くのサイクリングコースを60kmほど走ってみました。

 

ビックベン 近くのサイクリングコースを60kmほど走ってみました。

 

3.0barで出掛けましたがちょっと硬い、砂利道では滑ります。2.5barでも良さそうです。

Share

コメント

タイトルとURLをコピーしました