登山、トレッキングでコーヒーが簡単に抽出できる「GROWER’S CUP」(グロワーズカップ)、城南島海浜公園のキャンプフェスで何気に見かけたので買ってみました。


以前はコーヒーは嫌いでカフェラテなどの甘い飲み物ばかりを飲んでましたが、この頃ダイエットのためにカフェラテからブラックコーヒーにシフトしました。

「GROWER’S CUP」(グロワーズカップ)はコーヒー初心者にピッタリ

まだ、コーヒーの味の区別はわかりませんが、だんだんブラックでも飲めるようになってきました。そんな味もわからない入れ方もよくわからない自分にはまさにピッタリの商品でした。

私レベルのコーヒー初心者が迷うのは「豆を使うの?粉?」「どのくらい粉をいれればいいのか?」「フィルターは何を使えばいいのか?」「どうやってお湯を注ぐのか?」「お湯の量は?」

こんなレベルなんです。

ところが「GROWER’S CUP」(グロワーズカップ)は

●お湯を300ml入れる
●3分待つ

超~親切な解説です!

登山、トレッキングでお湯を注ぐだけでコーヒーが簡単にできる「GROWER’S CUP」(グロワーズカップ)

手順はとても簡単

●キャップをひねって取り外す
●お湯を注ぎ、チャックを閉じる
●2~4分待つ(好みで)
●カップに注ぐ

基本のお湯の量は300mlですが、好みによって調整します。300mlだと2人分という感じです。キャンプと違って登山やトレッキングでは、ササッと出来るというのはとっても重要ですよね。

登山、トレッキングでお湯を注ぐだけでコーヒーが簡単にできる「GROWER’S CUP」(グロワーズカップ)
登山、トレッキングでお湯を注ぐだけでコーヒーが簡単にできる「GROWER’S CUP」(グロワーズカップ)

「GROWER’S CUP」(グロワーズカップは再利用が可能

販売元のサイトを見ると「GROWER’S CUP」(グロワーズカップ)の入れ物は再利用が可能らしい。飲み終わっても捨てないで試してみようと思います。

COFFEE BREWERは、外側の紙パックが濡れてしまわない限り、何回でも再使用が可能です。
使った後で出がらしを捨て、フィルターをすすぎ洗いしてから、新しく粉を入れてください。
なお、再使用の前にはバッグをよく乾かしておくことをお勧めします。

 
 

<出典 Grower’s Cup

Share