ウエストポーチより容量が欲しいけど、トレランザックまではいらない。そんなランニング用に買ったマウンテンハードウェア「シングルトラックレースベスト」。

最小限のギアで駆け抜けるためにデザインされたミニマルなパック。背面のコンパートメントには軽量シェルなどの備えを。走りながら摂取するエネルギーフードや使用頻度の高い小物は機能的なベストに収納することで、パックを下ろすことなく走り続けられます。

ULTIMATE DIRECTION(アルティメイトディレクション)とはちょっとサイズ感が違ったので、これから購入を検討されている方の参考になればと思います。

マウンテンハードウェアの商品はインターナショナルサイズとアジアンフィットがあります。

この「シングルトラックレースベスト」はASIAN FIT(アジアンフィット)なのでそんなに大き目ではありません、一般的な日本サイズです。私は持ってはいませんがシングルトラックレースベストパックも同じサイズ感だと思います。

サイズ展開はS/MとM/Lの2サイズ、ところが大きさが全然違います。

SとMとLを作ったけどMばかり売れてしまってMが欠品、しょうがないのでSをS/M、LをM/Lにして売っちゃえと考えたのかと思われるほどS/MとM/Lはサイズが違う。

マウンテンハードウェア「シングルトラックレースベスト」のサイズ感1

並べてみると「大人用」と「子供用」ではないかと思えてしまいます。

マウンテンハードウェア「シングルトラックレースベスト」のサイズ感2

ただ、このベストは伸びます、身長171cm、体重75kg、胸囲98cmの私でもTシャツの上からならS/Mでも大丈夫。

この手のベストは揺れを抑えるなら多少伸びた状態で着ないと意味がない、それにオーバーサイズは少しカッコ悪いし・・・

細身の女性の場合S/Mでは、胸のストラップがサイズ調整用ではなく飾り状態になってしまいます。(会社の数人の女性でテスト)

M/LはTシャツの上からならかなりガッシリした方でないと大きいかもしれません、普通体型の方がM/Lなら冬のジョギングなどでの厚着でもいける。

自分はULTIMATE DIRECTION(アルティメイトディレクション)なら間違いなくS/Mを購入します、S/Mでも大きめです。でもマウンテンハードウェアのアジアンフィットならS/Mではなく、M/Lでもなく・・・

Mが欲しい!

 

<追記>
1ヶ月ほど両サイズを着て走りましたが私レベルでは多少大きい方がいいというのがわかりました。確かにピッタリのほうが走りやすい、でも暑いんです。走るスピードを追求しないなら少し大きめのほうが楽です・・・

 

Share