ランニングでの踵の痛みに悩ませれています、自分の場合ランナーの定番「足底筋膜炎」ではなく「踵部脂肪褥」みたいです。※正式名は「踵部脂肪褥炎」らしい。

ランナーの踵の痛みと言えば「足底筋膜炎」なんですが、どうも症状が当てはまらない。そこでいろいろ調べてみたんですが踵の痛みはだいたいこの3つらしい。

「足底筋膜炎(足底腱膜炎)」・・・アスリートに起こる踵の痛み、足底筋膜負担がかかり続け炎症が起きる。

「踵部脂肪褥」・・・踵のクッションでもある脂肪が左右に広がってしまってクッションが効かない。中高年に多い。

「ファットパッド症候群」・・・若い人やスポーツ初心者に多いのが特徴で、かかとが柔らかいままで、全体的な痛みを感じる。

踵の痛みはランニングを始める前からありました、長時間立っているとめちゃくちゃ踵が痛くなる。

そもそも「足底筋膜炎(足底腱膜炎)」になるほど走ってないし「ファットパッド症候群」になるような年齢ではない。

そう考えると症状を考える前から「踵部脂肪褥」の可能性が一番高かった訳です。

そしてもうひとつ、「踵部脂肪褥」には特徴があります、それは踵が広がるため丸くなくなる。後ろから見ると円ではなく四角です。

私は踵の両端に豆が出来ます、まさに原因はこれかもしれない。

そこでヒールカップなるものを買ってみました!

 

Share
スポンサーリンク