はじめてのマラソン大会参加は家族でのリレーマラソン、3キロを2回走っただけですが今回はハーフマラソンに挑戦しました。

かなり無謀な挑戦でしたがところどころを歩いて、なんとか完走、、、、。

超ランニング初心者の初ハーフマラソン完走までの道のり1

初ハーフマラソンまでの道のり

  • 58歳夏(体重85kg)・・・40年吸い続けたタバコを辞めてランニングをはじめましたが100m走っただけで息切れ、頭痛、吐き気!
  • 58歳冬(体重82kg)・・・ゆっくりなら2~3キロ走れるようになる(キロ8分~9分)
  • 59歳夏(体重73kg)・・・ダイエットの効果もありリレーマラソンに参加、3キロを2回走る。私が1回目キロ7分、2回目キロ6分で走ったためビリになる!
  • 59歳冬(体重76kg)・・・少しリバウンド、また大会に出たい・・・でも短い距離のレースはペースが速いと思ったので制限時間のあまいハーフマラソンを申し込む。
  • 59歳春(体重78kg)・・・ハーフマラソン大会前に体調を崩しトレーニング不足、体重78kgまでリバウンド!体は重いが初ハーフマラソンに挑む。

初ハーフマラソンの作戦

練習で走り続けた最長が8キロ、21キロ走り続ける自信は全くありません、ペースも8分がいいところです。

今回参加するハーフマラソンの制限時間は3時間半、とても初心者向きの大会です。3時間半ということはキロ10分で行けばゴールできます。

そこで行ったのが歩きのペースを速める練習、レース中どんなに歩いてもキロ10分をオーバーしないように早歩きを練習しました。(笑)

初ハーフマラソンの結果

予定ではスタート後キロ8分~9分くらいで走る予定でしたが最後尾のほうのグループでもキロ7分でみんな走っています、私には明らかにオーバーペースなんですが3キロまではキロ7分ペースで走ってしまいました。

その後11キロくらいまでは7分半ペースで・・・、なぜかエイド以外はほとんど歩かず走れました。しかしそこから8分台にペースダウン、そして最後の5キロは死にました。

最終タイムは2時間47分、キロ7分55秒ペースでした。3時間以内でもゴールが目標だったので、まあ良しとします。

100m走っただけで息切れ、頭痛、吐き気!のメタボが1年半かけてハーフマラソンまでこぎ着けた。もうすぐ60歳、60歳代でフルマラソン完走が次の目標。

今回の反省点

  • 競技前に食べ過ぎた!・・・朝食はたくさん食べたほうがいいといろいろなところに書いてあったのでスタート3時間前までにおにぎり2個、ゆで卵、パン、ジュース、たくさん食べた。ところがこれは失敗だった、スタート時にはまだお腹が苦しく気持ち悪い。慣れないことはやらなないほうがいいみたいだ。
  • ハーフマラソンなのに荷物を持ち過ぎた!・・・スポーツドリンク500ml、ジェル3個、飴、ヨウカン・・・、ウルトラマラソン?と思われてしまうくらい食べ物を持って走った。ほとんど必要ありませんでした。

マラソン大会参加は遠足気分

中高年になると、完走がある程度見えるマラソン大会なら大会を楽しめます。トレッキングや登山と同じ感覚です、前日はワクワクします。

子供の頃は持久走が嫌いでした、でもいい加減親父になるとそうでもなくなる。

子供の頃のマラソン大会は「人との競い合い」、でも大人になって出るマラソン大会は「自分との闘い」。

登山も体力、技術に合った身分相応な山なら楽しめる、マラソン大会もその時々に身分相応な種目、大会を楽しみたいと思います。

超ランニング初心者の初ハーフマラソン完走までの道のり2

はじめてのマラソン大会はぶっちぎりのビリでした

 

Share