マラソン大会参加といってもハーフマラソンのリレーです、ひとりでフルマラソンなどは到底無理なので家族でハーフリレーに参加しました。

楽しく完走しようと家族対抗歌合戦的ノリで参加したんですが、他にそんな雰囲気のチームはいなかった!

■犬が一緒なので陸上 競技場には入れません、どこでどう観戦するか協議中です、マラソンの作戦会議ではありません。

はじめてのマラソン大会はぶっちぎりのビリでした(犬はどうする?)



■陸上 競技場内に入りました、キレイ。

はじめてのマラソン大会はぶっちぎりのビリでした(陸上 競技場へ)



■進行はM高史さん。

はじめてのマラソン大会はぶっちぎりのビリでした(M高史さん)



■ハーフリレーのスタート。

はじめてのマラソン大会はぶっちぎりのビリでした(ハーフリレーのスタート)



■フルリレーのスタート。

はじめてのマラソン大会はぶっちぎりのビリでした(フルリレーのスタート)



■1-2引継ぎ。

はじめてのマラソン大会はぶっちぎりのビリでした(引継ぎ)



■他の種目のペースメーカーについて行く娘。

はじめてのマラソン大会はぶっちぎりのビリでした(マラソンのペースランナー)



■3-4引継ぎ。

はじめてのマラソン大会はぶっちぎりのビリでした(引継ぎ)



■6-7最後の引継ぎ、私が7走で走り出す頃には表彰式が始まってしまうほど「ぶっちぎりのビリ」!!運営の方に「マイペースで頑張って」と言われ運営の方とハイタッチをして、既に表彰式が始まっている陸上 競技場を後にしました。

はじめてのマラソン大会はぶっちぎりのビリでした(最後の引継ぎ)



■フルリレー、個人のハーフ、個人のフルの選手が走っているので、ハーフリレーではぶっちぎりのビリですがあまり目立ちません(笑)

はじめてのマラソン大会はぶっちぎりのビリでした(ビリだけど頑張ります)



■ゴール!!!

はじめてのマラソン大会はぶっちぎりのビリでした(ゴール)



距離は1周3キロと短いから「普段のペースで走れば大丈夫」というのが今回のスローガンだったんですが、他のチームはめちゃくちゃ早い!タスキの引き継ぎで倒れこむ選手のいるほど真剣にレースを楽しんでいます。我が家とは楽しみ方が違う、キロ3分台、4分台のペースで走るのが当たり前の世界。

家族はほぼ5分台で頑張りましたが、私が6分~7分で走った訳ですから当然ビリになりました。
はじめての大会でビビってペースを上げられませんでした、3走での1回目3キロでは年配の方が途中で倒れていました、ランニング初心者で歳も歳の私はますます怖くてペースが上げられない。

まったくいつものジョギングと同じペース・・・7走2回目の3キロは少しペースを上げましたがそれでも遅い・・・申し訳ない・・・。

今回心拍数アラームを練習より高めに設定した、ところがスタート直後にいきなりアラーム、それもありえない心拍数。スタート直後の緊張で心拍数が上がってしまったようです。

でも1年前は今より体重も10キロ多く、50メートル走ると死んでいた訳ですからだいぶ進化したと思う。
大会が終わって「お父さんが一番進化したよ」とみんなに言ってもらえたので良かった・・・。

今回のコースは1週3キロ、僕は3走と7走(アンカー)、3キロ2回がノルマでした。リレーマラソンなので大した距離は走りませんが、個人的にははじめて大会と言われるものに参加できて、フルマラソンへの道への記念すべき「はじめの一歩」となりました。

少しは痩せた気になっていましたがやっぱり大会に出てくるランナーはスマート!あと10キロ落としてもっとトレーニングをつんで、ビリではなくなれるレベルまで行きたい・・・。

市民ランナーのレベルの高さにびっくりした大会、でも楽しめました!次回も出ます。

Share