「登山」と「トレッキング」と「ハイキング」、使い分けを迷う時があります。こうじゃなきゃいけないという決まりはないので、個人が好きに使えばいい話なんですがブログを書くときのマイルールを決めようかなと思い、ちょっと調べてみました。

登山、トレッキング、ハイキングの使い分けを考える1

国語辞書 – 大辞泉では

登山とは

山に登ること。山登り。

トレッキングとは

健康やレクリエーションを目的とした山歩き。また、高山の山麓を徒歩で旅行すること。歩くスキーなどについてもいう。

ハイキングとは

自然を楽しみながら野山などを歩くこと。

 

まあ、曖昧だってことですね。一般的にはこんな解釈が多い。※ウィキぺディアも参考。

登山

頂上を目指して山を登る。登頂を目指すことが目的。

トレッキング

山の中を歩くことを目的。結果的に行動の過程で、山頂を通過することもある。

ハイキング

自然の風景や歴史的な景観を楽しむために一定のコースや距離を歩くこと、食事が主な目的となる場合は、ハイキングではなくピクニックとなる。

ますます曖昧になってきました(笑)

 

そこで自分なりの解釈は・・・。

  • 頂上を目指して山を登ることが「登山」、百名山制覇のための山登り、そんなのが「登山」。
  • 山歩きが「トレッキング」、行ったことはありませんが涸沢に紅葉を見に行く、そんなのが「トレッキング」。
  • 自然の風景や歴史的な景観を楽しむために歩くのが「ハイキング」、日光の東照宮や華厳の滝を見て回る、そんなのが「ハイキング」。

 

そう考えると僕の場合「登山」はほぼありません、犬連れで山歩き、スピードハイク、少しトレランみたいなこと、ほとんどが「トレッキング」、なのでこのブログで取り扱うのも「トレッキング」の記事、それもライトな・・・。

 

 

Share