山歩きをはじめたらあまりの体力の無さに気づいて始めたランニング。体力アップと体重を減らすことが目的だったんですがちょっとハマってきてしまいました。

はじめた頃は体重が85kg、少し走ると頭は痛くなる、息切れはする、膝は痛くなる、ふくらはぎは痛くなる、ランニングどころではありませんでした。サポーターをいくつ買ったことか・・・。

自分なりにいろいろ考えてなんとか1年ちょっと続いてます。タバコを辞めたら頭痛もしなくなり息切れも少なくなった、体重を73kgまで落としたらサポーターのお世話になることもほとんどなくなった。
でもまだ長い距離は走れない、ペースが遅い、やっぱりランニングをはじめたのが遅かったのでしょうがない・・・いろいろ悩んでいました。

そんなとき何気なく買った本が「マラソンは毎日走っても完走できない」、小出監督の本です。
有森裕子さん、高橋尚子さんの監督で有名な方の本なので上級者向けかと思ったらシロート、メタボ初心者にはとてもいい本でした。
この本は「ランニングをはじめる前に買えばよかった」と本当に思った本でした。

いつかフルマラソンに出たい!初心者におすすめの本「マラソンは毎日走っても完走できない」

 

ランニングの情報はネット上にも沢山あるんですが初心者向けの情報でもレベルが高いんです、30~40代くらいを対象にしてる感じの情報がおおい、ところがこの本は違います、読むと安心します。
フルマラソンをいいタイムで完走するというのが最終目的なんですが、そこまでの過程がわかりやすい。

走れる体をつくる

体重がオーバーしている人、走るのに慣れていない人は走ってはいけない。まずはウォーキングから、ジョギングが出来る体型にすることから始めなくてはいけない。
僕の場合は身長が171cm、現在の73キロでも体重オーバーです、はじめの85kgのときは走ってはいけなかったんです。

走れる脚をつくる

呼吸が苦しくなるから長くは走れないと言うのは勘違い、長く走ったからといって、呼吸は苦しくならないそうです。走っているときに呼吸が苦しくなるのは、そのペースが速すぎるだけ。考えてみれば普通に歩いているなら長く歩いても呼吸は苦しくならない。
呼吸より先に参ってしまうのは脚、そこで「脚つくり」が必要になるそうです・・・なるほど。(脚つくりの方法も詳しく書かれています)

ついこの間までキロ9分でしか走れなかった

小出監督は1~2キロをイーブンペースで走り切れる時間が8~9分ではじめてランナー初心者クラスと言ってくれています、これは嬉しい内容でした。他の本やネットではキロ9分なんて言うと早歩きと言われてしまいます。
自分の場合は1年でやっとこのランナー初心者クラスになれた訳です汗
10分を切っていれば徐々にのばしていけばいいそうです、こんな優しい本はなかった。次の目標キロ7~8分に向けての練習法も書かれていたので今実践してます、少し成果が・・・・・。

フォームや道具

フォームや道具につても解説されています、フォームについてはあれこれ悩んだ時期もあったんですが、この本ではあんまり気にするなと書いてありますので気にしないことにしました。

死ぬまでにフルマラソンに出たい

ナチュログで富士登山に挑戦した方のブログを読みました。その方のカテゴリーに「死ぬまでに実現したい事 」というのがあって今回は富士山に挑むという内容です。
その方はアラフォー、僕の場合は還暦までに1年を切った、僕の方が確実に先に死にます。
そこで自分も「死ぬまでに実現したい事」ってあるかな~と考えたら真っ先に思いついたのが「フルマラソン」、いつか挑戦したい。

死ぬまでに富士山に登りたい

そしてやっぱり僕も富士山には登りたい。
先日娘が富士山に登りました、一泊での登頂です。でもブログの方と同じで「2度と山小屋で寝たくない」と言っていました、富士山の山小屋はみんな劣悪なんですかね?
富士山は日帰りで挑戦するしかないのかな・・・・・。

Share
スポンサーリンク